FC2カウンター

プロフィール

槇野知宏

Author:槇野知宏
宮崎県児湯郡生まれ。
宮崎県児湯郡在住。

「名探偵コナン」
「まじっく快斗」
「BLACK LAGOON」
「艦隊これくしょん」
「ファイアーエムブレム」シリーズ
「ペルソナ」シリーズ
(特に3と4)
「マクロスF」
「パワプロ」シリーズ
「田中芳樹」
「池波正太郎」
「司馬遼太郎」
「有川浩」
「TUBE」
「山本正之」
「NO-PLAN」
「クラシック」
「プロレス」
「中日ドラゴンズ」
を偏愛する会社員
その実態は、単なるオタク。

年を取る毎に深みにハマってますが、これも人生、問題ない、と開き直ってます(笑)

PASSの掛かっている日記(小説)につきましては「PASSについて」をご覧下さいませ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリーメニュー 改

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブログ内検索

2012/06/24 (Sun) 09:30
高木刑事の災難?

 事件の現場等で工藤くんや毛利さんと顔を合わせる事が多い。
しかし最近になって、オレに向けられるマナザシは、オレと美和子さんが付き合っている時に同業者から向けられていたそれと同じになってきた。
オレとしては避けたいのだが、現場では必ず顔を合わさなければならず、そして今日も二人の名探偵に睨まれる。

「た~か~ぎ~ィ~」
「な、何ですかっ!?」
「何ですか、じゃないですよ。高木刑事」

工藤くんと毛利さんが殺気の籠もった視線と共にオレに近寄ってくる。二人が言わんとする事は分かるが、当事者レヴェルの問題であり、オレや美和子さんが関与する話じゃない。

「テメーの息子がオレの可愛い孫娘にチョッカイ出してるんだがなあ、どーいう事か説明して貰おうか?」
「そ、それは子供たちの問題であって、親が口出す必要は無いと思うんですけど?」
「高木刑事、あなたのお子さんがオレの可愛い娘に手を出したんですよ?父親がそんな悠長な事言って良いんですか?」
手を出した―――思いっきり語弊があるが、さっき仲良く手を繋いで学校から下校していただけであって、いくらなんでも言い過ぎである。
もっとも正論を言ったところで目の前にいる二人が納得するハズもなく、反論したら何をされるか知れたものじゃあない。

「いや、ですからね・・・」

二人に圧倒されつつ、助けを待っていたら、救助部隊がやって来た。

「「新一っ(あなたっ)!!」」

声は静かな声だけど、全身から立ち上ってるオーラは半端なモノじゃない。
バックミュージックで「怒りの獣神」か「サンライズ」が欲しいな、と、バカな事を考えてしまうほど、二人の女性が放つ怒りのオーラは相変わらず凄い。

「高木刑事。新一とお父さんが何時もご迷惑を掛けてすみません」
「うちのバカ亭主と娘婿が何時も迷惑掛けてごめんなさいね」

オレに対して向けられた表情と声は柔らかだったが、それぞれの夫に向けられた表情と声は、怖い、と、しか言いようがなかった。




追記

ネタ中に出て来る「サンライズ」は引退した往年のプロレスラーであるスタン・ハンセン。
「怒りの獣神」は同じくプロレスラーの獣神サンダーライガー選手の入場テーマでふ。
スポンサーサイト

テーマ : 名探偵コナン - ジャンル : アニメ・コミック

<< シナリオの小幅な修正の要あり、だな(ウォッカの声で 苦爆) | ホーム | 世界の中心で叫んでみる(古過ぎ 笑) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP