FC2カウンター

プロフィール

槇野知宏

Author:槇野知宏
宮崎県児湯郡生まれ。
宮崎県児湯郡在住。

「名探偵コナン」
「まじっく快斗」
「BLACK LAGOON」
「艦隊これくしょん」
「ファイアーエムブレム」シリーズ
「ペルソナ」シリーズ
(特に3と4)
「マクロスF」
「パワプロ」シリーズ
「田中芳樹」
「池波正太郎」
「司馬遼太郎」
「有川浩」
「TUBE」
「山本正之」
「NO-PLAN」
「クラシック」
「プロレス」
「中日ドラゴンズ」
を偏愛する会社員
その実態は、単なるオタク。

年を取る毎に深みにハマってますが、これも人生、問題ない、と開き直ってます(笑)

PASSの掛かっている日記(小説)につきましては「PASSについて」をご覧下さいませ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリーメニュー 改

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブログ内検索

2014/11/01 (Sat) 17:18
本日の夕食は?

 初のコゴエリオンリーのネタです。
一応、我が宮崎が誇る郷土料理が出てます(笑)

以下、続きます。





 仕事から帰ると、英理が晩メシの支度をしていた。

「今、帰ったぞ。今日のおかずは何だ?」
「あら、お帰りなさい。今日はねチキン南蛮よ」
「ふぅん・・・ま、期待してるぜ」

 蘭が新一のヤツと結婚して、オレは英理との別居を解消した。
料理の腕は昔よりマシになったとは言い難いが、オレとしては腹に入れば問題ない・・・で、今日の献立はチキン南蛮って何だ?
オレが思うに“魚の南蛮漬け”で使用する魚を、鶏の唐揚げに代えたものだろう・・・ふっ“眠りの小五郎”の推理力は健在だな。

「さあ、出来たわよ。あなたも食器出すのを手伝って」
「へいへい」

 断っても良いのだが、そうなると英理と口論になると同時に、アイツの話を聞かされる羽目になるのだ―――曰く、新一くんは蘭の手伝いをやってくれるそうよ、と。
オレとしては、第三者をダシにして怒られる事に昔から抵抗はあったが、新一と比べられるのは余計に腹が立つので、手伝っているのが現状である。

「あ、それが今日のおかずよ」

 台所へ行って英理が指さす方を見ると、味噌汁、和え物、そしてレタスとトマトの付け合わせに鶏胸肉の唐揚げ。
まあ普通の献立なのだが、唐揚げは南蛮漬け、というわりには酢の匂いが全くしない。普通の唐揚げにタルタルソースをかけた代物だ。

「おい、英理」
「何、あなた?」
「この唐揚げ、どー見ても南蛮漬けとは思えねえけどな?」
「私、南蛮漬けとは一言も言ってないわよ」
「さっき、チキン南蛮と言ってたじゃねーか?」
「確かに“チキン南蛮”とは言ったけど“鶏から揚げの南蛮漬け”とは言ってません」

 何でも弁護士の会合か何かで食事会をした時に、九州出身の弁護士が“地元にこういう料理がある”と聞いて、作ったのだそうだ。
まあ、晩メシ食う前に英理と少しばかり口論はしたが、騙されたと思って食ったら結構美味かった。別に英理の料理の腕が上がったんじゃなくて、料理自体が美味かったんだからな。そこは間違えないでくれよ。



 後日、蘭に聞いたら、チキン南蛮は甘酢を潜らせた鶏の唐揚げにタルタルソースをかけたもの、と教えてくれた。
どうやら英理は一つの過程を完全にすっ飛ばしたのだが、そこがアイツらしいと言えばアイツらしいところだな、と思う。

スポンサーサイト

テーマ : 名探偵コナン - ジャンル : アニメ・コミック

<< スイッチ | ホーム | 精神主義者 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP